図書館全体の運営にかかわる仕事

 図書館司書はただ本に通じていればよいかというとそうではありません。大きな図書館であれば分業されている仕事も、小さな図書館であればあるほど全てを図書館司書だけで行わなくてはならない場合があります。

  本を選ぶ選書や利用者への対応だけでなく、時には読書とは関係ない行事の企画や、講演会の手配をしなくてはならないこともあるでしょう。

 館内に展示してある展示物の管理や図書館という建物自体の管理がお仕事として入ってくる場合もあります。

  私も小さな分館にいた時は、仲間の司書と共に選書から建物の管理まで全てを行っていました。この場合、図書館司書としての本にかかわる仕事以外の仕事がたくさん入ってくるので大変なのですが、仕事を分業する大きな図書館とは違った利点もあります。

 大きな図書館ではイベントの企画と選書の担当がばらばらなのでイベントと図書館にある本が結びつかないということがよくありますが、小さな図書館では同じ人間が全てを行っているので、新しく入ってくる本のジャンルにあわせてイベントを企画したり、カウンターで利用者の要望を聞けば、それをすぐ選書やイベントに反映することができるのです。

 小さな図書館ほど図書館は一つになって機能することができるといえるかもしれません。ただし、司書は本にかかわる仕事だけしていればいいと思って司書になってしまうと、こういった総合的な仕事はつらく感じることでしょう。

  もし、そんな総合的なお仕事をする図書館司書になったなら、本や利用者だけでなく、図書館全体に愛着を持ってお仕事をすると、総合的なお仕事も楽しくすることができるかと思います。

広告