広報活動

 図書館司書のお仕事は図書館の運営全般に及ぶことがあります。

 図書館という建物自体の管理は普通、司書のお仕事ではありませんが、小さな図書館では建物の管理も司書が行っている図書館は少なくありません。

 そのような状況ですから、図書館を広く市民に知ってもらう広報活動も司書自身が行う場合があります。

  皆さんが一番目にすることが多いのは公共図書館に置かれている「図書館だより」ではないでしょうか?これは図書館の広報活動で最もポピュラーなもので、中の記事や新刊案内は図書館司書が作っていることがほとんどです。

 新刊の情報を一番速く、そして正確に所持しているのが司書ですから「図書館だより」を図書館司書が作るのは当然のことともいえます。

  他にも図書館で行事があればポスターやチラシを作成したり、それを配布したりするのも司書のお仕事です。

  特に学校図書館では子供たちに学校図書館を利用してもらうために「図書館だより」やイベントの告知は欠かせないものとなるでしょう。

  つまり、図書館司書は本を読むだけではなく、文章を書いたりポスターを作ったりというお仕事もできなくてはならないのです。

広告